予想家あっちゃんの競馬ブログ

展開予想重視の競馬ブログです。誰にでもわかりやすい展開予想図を駆使して各馬の位置取りを検証します。馬柱やデータだけでは決して見えてこない騎手の思いや作戦を読み取り、「馬券で勝つため」の予想を公開しています。~POG情報も公開~

【天皇賞春2019】展開と最終予想|逃げ馬は?枠順を考慮した各馬の位置取りを検証!

f:id:kizuna_acchan:20190425210721j:plain


 

天皇賞(春)2019の展開と最終予想を書いていきます。

淀の3200mという舞台では枠やレース展開がレース結果に大きな影響を及ぼします。どの馬が逃げるのか、道中動きはあるのか、流れが一番向くのはどの馬なのかなど、距離が長いほど気にするべきことが非常に多くそれぞれが複雑に絡み合います。そんなGⅠ「天皇賞春」の各馬の位置取り、道中の動きを詳しく検証していきます。

f:id:kizuna_acchan:20190425213028p:plain

さて、今週木曜日に枠順が確定しましたね。人気どころでは、2着が続く「最強の1勝馬」エタリオウが2枠2番、昨年の菊花賞をハナ差で制したフィエールマンが7枠10番、昨年の菊花賞3着から長距離レースのみに照準を絞ってきたユーキャンスマイルが6枠9番、昨年の本レース3着馬のクリンチャーが8枠12番に入りました。では枠順がレース展開にどのような影響を及ぼすのか、展開予想図を見ながら検証していきます。

天皇賞(春) 概要

距離:京都 3200m

条件:GⅠ

賞金:1着賞金1億5000万円

出走条件:サラ系4歳以上(国際)(指定)

負担重量:定量

データ分析

天皇賞(春)のコース分析、脚質別データ、枠別成績、馬場傾向、天気予報は先日の記事でご紹介しましたので、省きます。各種データのまとめとして本舞台に向くのは長く脚を使う馬だとご紹介させていただきました。

☆データ分析記事はこちら

www.tenkaiyosou.com

展開予想図

スタート直後

ペース=前半ややハイ、道中スローペース

f:id:kizuna_acchan:20190425215911j:plain

最初のコーナーを曲がるまで各馬取りたい位置をキープするため激しい争いに。その中から3頭④ヴォージュと⑬ロードヴァンドールと⑤メイショウテッコンが前へ。離れた4番手に⑫クリンチャー、内に⑥カフジプリンス。その直後⑨ユーキャンスマイルはいつでも動ける位置をキープ、①チェスナットコートは最内枠を活かすため迷わず内で我慢。中団グループは馬が固まり、⑩フィエールマンは外を回る形に、間に③リッジマンがいて最内に2着続きの②エタリオウ、鞍上のミルコ・デムーロは内枠を活かしロスの少ないコースを選択。後方集団は⑧パフォーマプロミス、⑦グローリーヴェイズ、最後方は⑪ケントオーという展開に。

向正面(2周目)

f:id:kizuna_acchan:20190425221021j:plain

各馬道中のロスを少なくするため内にこだわり縦長の展開。④ヴォージュ、⑬ロードヴァンドールが牽制し合い道中でハナに躍り出るのは福永祐一騎乗の⑤メイショウテッコン。その他は基本的に脚を溜めるが、スタミナに自信がある⑨ユーキャンスマイルが3コーナーにかけて徐々に進出。内で脚を溜める②エタリオウは⑩フィエールマンを見ながらの追走。

4コーナー~直線

f:id:kizuna_acchan:20190425221457j:plain

先団にいた④ヴォージュと⑬ロードヴァンドールは早めに脱落。道中で先頭に立った⑤メイショウテッコンが先頭のまま直線へ。外からは早めに⑨ユーキャンスマイルが並びかけ、中団~後方馬も一気に動き出す。特に②エタリオウは菊花賞と同じく早めにマクり上がり⑩フィエールマンの末脚を封じにかかる。中団がごった返すことから中団待機の馬は外に持ち出す展開に。道中はミドルペースのため、いかに長く脚を使えるかが重要になる。

展開予想まとめ

3200mという特殊なコースはいかに道中ロスなく立ち回り、馬群が固まりやすい4コーナーをスムーズに回れるかが鍵になる。また何度も書いている通り、長く良い脚を使えるかが非常に重要。

 

「長く脚を使える馬」は、

この馬⇒人気競馬ブログランキング

※枠順決定後に本命馬を変更しています 

 

☆データ分析記事はこちら

www.tenkaiyosou.com

 

最後までご覧いただきましてありがとうございました。予想家あっちゃん(@keiba_acchan)の競馬ブログでは展開予想を中心とした予想記事を公開していますので、またご覧くださいね!(*'▽')

 

一緒に勝ち組LIFEを送りましょう~!