予想家あっちゃんの競馬ブログ

展開予想重視の競馬ブログです。誰にでもわかりやすい展開予想図を駆使して各馬の位置取りを検証します。馬柱やデータだけでは決して見えてこない騎手の思いや作戦を読み取り、「馬券で勝つため」の予想を公開しています。~POG情報も公開~

【プリンシパルステークス2019】データ分析と予想|ダービー最終切符を掴むのは?

f:id:kizuna_acchan:20190508230843j:plain


 

プリンシパルステークス2019のデータ分析と予想を中心とした記事です。

2019年5月12日(日)に施工されるリステッド競走「プリンシパルステークス」。1着馬に日本ダービーへの優先出走権が付与される最後のトライアルレース。先週降ったひょうの影響により1週間遅れでの開催となります。

出走予定馬としては、昨年の東スポ杯では1番人気推されたものの9着、今回はルメール騎手騎乗停止によりデムーロ騎手とコンビを組むことになったルヴォルグ、今年のGⅢ京成杯では1番人気に推されながら4着、最後の切符に望みを賭けるシークレットラン新馬、500万下と2戦2勝、無敗でダービー行きを狙うザダルなど、1週ずれた影響がどこまであるのかしっかり見極める必要がありそうですね。

そんなダービー最終便「プリンシパルステークス」のコース分析、脚質・枠別データ、馬場傾向を見ていきましょう。

先週の予想結果

5月6日(月)に行われた「かしわ記念」の予想記事も公開していましたので、結果を振り返っておきたいと思います。

【かしわ記念】

推奨馬⑨オールブラッシュ⇒4着

⑩ゴールドドリームが断然人気の⑥インティをしっかりマークし、直線できっちり差し切り見事連覇を果たしました。展開予想通り若武者・坂井瑠星が行きましたね!何が何でもハナに立つ意気込みが感じられました。その結果インティは3番手からのレースとなり、道中⑨オールブラッシュに早めに来られるなど苦しいレース展開となりましたが、3着以下を離す2着はさすがの一言。推奨馬に挙げた⑨オールブラッシュは早めに動いた結果粘り切れず、4着でした。もう少し我慢していれば3着の可能性があっただけに悔しいですが、勝ちを意識した田辺騎手の騎乗は素晴らしいものでした。

☆かしわ記念の予想記事はこちら www.tenkaiyosou.com

では「プリンシパルステークス」に戻ります↓

プリンシパルステークス 概要

距離:東京 芝2000m

条件:リステッド

賞金:1着賞金2000万円

出走条件:サラ系3歳(国際)(指定)

コース分析

1コーナー奥のポケットからスタートし、3コーナーまでは約130mと外枠を引いた馬にはかなり不利なコース。コーナーを回りながらの先行争いとなるため、枠と脚質をしっかり見極める必要がある。直線は約525mと長く、差し追い込み馬も届きやすいため無理に出していく必要はない。

外枠不利!直線長く、力を発揮しやすい

脚質別データ

f:id:kizuna_acchan:20190415211142p:plain


直線が長いことからどの脚質にもそこまで差はない。また回収率にも差がなく、全体的に低い傾向にあることから力のある馬が好走しやすいと言える。逃げ馬でも回収率100%を超えない舞台は非常に珍しい。

脚質に成績の差はほとんどなし!

枠別成績

f:id:kizuna_acchan:20190415211516p:plain


コースの特徴で見た通り、外枠がかなり不利であることがわかる。特に8枠は勝率、複勝率、回収率すべて低い傾向にあり、問答無用で「切り」と考えてよさそう。対して1枠の成績はかなり優秀なため積極的に狙っていきたい。

外枠はかなり不利!1枠を狙い、8枠は基本消し!

馬場傾向

5月5日(日)の芝コース馬場傾向はこちらです。

東京芝コース1~3着馬の位置取り

逃げ:1頭 先行:7頭 差し:6頭 追い込み:4頭

東京芝コース1着馬の直線コース取り

内:0頭 中:2頭 外:4頭

馬場状態:良馬場

日曜日の芝コース3着以内馬の位置取りを見ると差しが6頭、追い込みが4頭と後方待機の馬が馬券に多く絡みました。1着馬のコース取りは圧倒的に外が多く、中団から外を通って脚を伸ばした馬が上位にくるシーンが良く見られました。

天気予報

東京競馬場付近の天気予報はこちらです。

5月  9日(木):晴れ☀ときどき曇り☁

5月10日(金):晴れ☀ときどき曇り☁

5月11日(土):曇り☁ときどき雨☂

5月12日(日):曇りときどき晴れ☀

土曜日は雨予報がでていますね。雨の影響がどこまで出るかわかりませんので、土曜日のレース結果、当日の馬場状態などをしっかりチェックする必要がありそうです。

データ分析まとめ

実力を発揮しやすいコースのため、しっかりと外へ持ち出し末脚を繰り出せそうな⑫ルヴォルグを本命視したい。相手は内で馬がごちゃつくことを考え、先行できる穴馬が中心。中でも2000mに実績があり、鞍上強化と距離延長が吉に出そうなアノ先行馬を相手筆頭として推奨します!

 

狙いの穴馬」は、

この馬⇒人気競馬ブログランキング

※ブログランキング→順位を表示→無料で推奨馬の閲覧が可能です  

 

☆展開予想記事はこちら

www.tenkaiyosou.com

  

最後までご覧いただきましてありがとうございました。予想家あっちゃん(@keiba_acchan)の競馬ブログでは展開予想を中心とした予想記事を公開していますので、またご覧くださいね!(*'▽')

 

一緒に勝ち組LIFEを送りましょう~!