予想家あっちゃんの競馬ブログ

展開予想重視の競馬ブログです。誰にでもわかりやすい展開予想図を駆使して各馬の位置取りを検証します。馬柱やデータだけでは決して見えてこない騎手の思いや作戦を読み取り、「馬券で勝つため」の予想を公開しています。~POG情報も公開~

【新潟大賞典2019】データ分析と予想|新潟外回りコースが最も合う馬は?

f:id:kizuna_acchan:20190424232647j:plain


 

新潟大賞典2019のデータ分析と予想を中心に書いていきます。

2019年4月29日(月)に施工される重賞競走「新潟大賞典」。芝中距離のハンデ戦ということから各馬の能力比較が難しい一戦となりそうです。

セントライト記念勝ち馬で近走GⅠを中心に使われてきたミッキースワロー、6戦4勝でオープン入りを果たしたロシュフォール、新潟記念2着、新潟大賞典3着と新潟コースに抜群の適性を示すメートルダールなど。格上のレースを使われてきた馬の経験が勝るのか、昇級組の勢いが勝るのか予想が難解なレースです。

では、そんなGⅢ「新潟大賞典」のコース分析、脚質・枠別データ、馬場傾向を紐解いていきましょう。

新潟大賞典 概要

距離:新潟 芝2000m

条件:GⅢ

賞金:1着賞金4100万円

出走条件:サラ系4歳以上(国際)

負担重量:ハンデ

コース分析

2コーナーの奥、ポケットからのスタート。3コーナーまでの距離は約940mと非常に長く先行争いは激しくなりにくい。また最後の直線は日本最長の659mと直線を横一杯に使っての末脚勝負になることが多い。コース形状からやはり道中スローの瞬発力勝負になりやすく、差し・追い込み馬でも勝負になることが多い。

直線長く、瞬発力勝負に!

脚質別データ

f:id:kizuna_acchan:20190425002138p:plain

やはり差し馬、追い込み馬でも十分に勝負になることがわかる。一方、先行馬の勝率が1番悪いというのは他のコース形態では見ることがない、非常に特徴的なデータである。複勝率にも脚質毎の差がないことから位置取りはそこまで重要視する必要がないと言える。

どの脚質にもチャンス有!実力を発揮しやすいコース!

枠別成績

f:id:kizuna_acchan:20190425002406p:plain

データを見ると内枠の成績が良い。しかし母数が少ないこと、コース形態を考えるとそこまで差が出ることは考え難く、頭の片隅に置いておくのが良さそう。回収率は全体的に低めで、荒れにくい特徴がある。

内枠が若干優勢!枠はそこまで気にしない!

馬場傾向

開幕週であることから前が止まらないタイムが出やすい馬場となる可能性が高そうです。本レースは月曜開催のため、土曜、日曜のレースを見て傾向を掴む必要がありそうですね。また下に書いていますが、中間とレース当日の天気が不安定であることから、その日のレースをしっかり見ておく必要がありそうです。

天気予報

新潟競馬場付近の天気予報はこちらです。

4月24日(水):雨☂

4月25日(木):曇り☁ときどき雨☂

4月26日(金):曇り☁ときどき雨☂

4月27日(土):雨☂

4月28日(日):晴れ☀ときどき曇り☁

4月29日(月):曇り☁ときどき雨☂

中間はかなり雨予報が目立ち、レース当日も雨が降る可能性がありますね。馬場にも影響を与える可能性が高く、レース当日月曜日の傾向までしっかり見ておく必要がありそうです。

データ分析まとめ

ゆったりとしたペースになりやすいこと、直線が長いことからやはり「瞬発力」が求められるレースとなりそうです。中間、当日の天候が不安定なことから道悪適性も見ておく必要もありそうですね。

 

最も瞬発力がある馬」は、

この馬⇒人気競馬ブログランキング


☆展開予想記事も公開しました!

www.tenkaiyosou.com

  

最後までご覧いただきましてありがとうございました。予想家あっちゃん(@keiba_acchan)の競馬ブログでは展開予想を中心とした予想記事を公開していますので、またご覧くださいね!(*'▽')

 

一緒に勝ち組LIFEを送りましょう~!