予想家あっちゃんの競馬ブログ

展開予想重視の競馬ブログです。誰にでもわかりやすい展開予想図を駆使して各馬の位置取りを検証します。馬柱やデータだけでは決して見えてこない騎手の思いや作戦を読み取り、「馬券で勝つため」の予想を公開しています。~POG情報も公開~

【NHKマイルカップ2019】展開と最終予想|逃げ馬は?グランアレグリアは絶好枠?

f:id:kizuna_acchan:20190503202945j:plain


 

NHKマイルカップ2019の展開と最終予想を書いていきます。

東京競馬場で開催される3歳春のマイル王決定戦「NHKマイルカップ」。クラシックからマイル路線に切り替えた馬や短距離路線で戦ってきた馬がぶつかる非常に難解な一戦です。特に近年では牝馬の活躍も目立つ同レース、今年は牝馬のグランアレグリアに人気が集まりそうですね。

f:id:kizuna_acchan:20190503203713p:plain

各馬の枠順はこちらです。人気どころでは、休み明けの桜花賞をコースレコードで勝利し、オークスには向かわずこちらに照準を合わせてきたグランアレグリアが4枠7番、朝日杯FSではグランアレグリアに土をつけた昨年の2歳王者アドマイヤマーズが8枠17番、前走のきさらぎ賞では2馬身差の快勝と成長ぶりを見せつけたダノンチェイサーが2枠3番に入りました。では枠順がレース展開にどのような影響を及ぼすのか、展開予想図を見ながら検証していきます。

先週の予想結果

まだ書いていませんでしたので、4月29日(月)の予想結果を振り返っておきます。

【新潟大賞典】

推奨馬ロシュフォール⇒3着

前半の1000mは1:00.8、後半の1000mは57.8と予想通りかなりの後傾ラップを刻みました。直線に向いてからヨーイドンの競馬となり、33.0秒以上の脚を使った馬が馬券内を独占したことからやはり瞬発力が求められるレースとなりましたね。推奨馬に挙げたロシュフォールも後方2番手の位置からメンバー中最速の32.8秒の脚を使い、ハナ差の3着に入りました。穴馬として挙げた⑧ブラックスピネルも予想通りの逃げを打ちましたが、直線終盤で力尽き掲示板確保の5着と人気以上の結果とはなりました。

☆新潟大賞典の予想記事はこちら

www.tenkaiyosou.com

www.tenkaiyosou.com

ではNHKマイルカップに戻ります↓

NHKマイルカップ 概要

距離:東京 芝1600m

条件:GⅠ

賞金:1着賞金1億500万円

出走条件:サラ系3歳以上(国際)牡・牝(指定)

負担重量:定量

データ分析

NHKマイルカップのコース分析、脚質別データ、枠別成績、馬場傾向、天気予報は先日の記事でご紹介しましたので、省きます。気になる方はデータ分析記事をご覧ください!(^^)!

☆データ分析記事はこちら

www.tenkaiyosou.com

展開予想図

スタート直後

ペース=ハイペース

f:id:kizuna_acchan:20190503210450j:plain

6F戦でもスピードの違いを見せつけてきた④イベリスが想定通りハナへ、その直後に先行馬が固まる形、⑪ロードグラディオやニュージーランドTの勝ち馬⑫ワイドファラオ、最内①クリノガウディーなど。その先行集団の中ほどに1人気の桜花賞馬⑦グランアレグリア、揉まれ弱さを知っている他陣営は包囲網のようにマーク、特に外枠を引いた⑰アドマイヤマーズはそのグランアレグリアをかなり意識した位置取りになると予想。そこから1列下がったところで2頭を見ながら進むのが③ダノンチェイサー、内には②プールヴィル。馬群が切れて⑧ヴァルディゼールと⑨ミッキーブラックが追走。その後は後方集団⑬ファンタジスト、⑥グルーヴィット、⑩カテドラルが固まる形。先行集団と後方集団の2つに馬群が固まる展開、先行争いが激しくなりハイペースに。

4コーナー~直線

f:id:kizuna_acchan:20190503212649j:plain



逃げた④イベリスが先頭のまま直線へ、そのすぐ外に⑫ワイドファラオが早めに並びかける。直後の⑦グランアレグリアも桜花賞のように早めに先頭へ立ちたいが外の⑰アドマイヤマーズが並びかけ、2頭の激しいポジション争いに。早めに動いた先行馬を見ながら③ダノンチェイサーは中団から徐々に外へ持ち出す。後方待機の各馬は東京の広い直線を活かすため、外からの強襲を狙う。内枠の差し、追い込み馬にとっては少し窮屈な競馬になる場面も。

展開予想まとめ

ほとんどの馬が牝馬⑦グランアレグリア、GⅠ連勝中のルメールを意識した競馬になると予想します。このことから朝日杯同様、ここでは力を発揮できない可能性が高いと見ています。またアドマイヤマーズについてもハイペースの中、グランアレグリアを意識しながら早めの競馬となるため最後に脚が上がってしまう可能性も捨てきれません。③ダノンチェイサーに関しては内でロスなく立ち回り、上手く2頭を見ながら馬群を捌ければチャンスがありそう、隣枠が逃げ馬のためスタート後に位置取りが悪くならなければ狙える1頭と考えています。

展開予想図を見る限り、この3強だけで決着する可能性は極めて低いと考えます。人気馬がポジション争いの激化やハイペースに巻き込まれたときに、3強に割って入る可能性が高いアノ馬を穴馬として推奨します!

 

3強に割って入る穴馬」は、

この馬⇒人気競馬ブログランキング

※ブログランキング→順位を表示→無料で推奨馬の閲覧が可能です  

 

☆データ分析記事はこちら 

www.tenkaiyosou.com

 

最後までご覧いただきましてありがとうございました。予想家あっちゃん(@keiba_acchan)の競馬ブログでは展開予想を中心とした予想記事を公開していますので、またご覧くださいね!(*'▽')

 

一緒に勝ち組LIFEを送りましょう~!