予想家あっちゃんの競馬ブログ

展開予想重視の競馬ブログです。誰にでもわかりやすい展開予想図を駆使して各馬の位置取りを検証します。馬柱やデータだけでは決して見えてこない騎手の思いや作戦を読み取り、「馬券で勝つため」の予想を公開しています。~POG情報も公開~

【青葉賞2019】展開と最終予想|逃げ馬は?有利な内枠に入った馬は?

f:id:kizuna_acchan:20190427011445j:plain


 

青葉賞2019の展開と最終予想を書いていきます。

競馬の祭典「日本ダービー」のトライアルレースでもある「青葉賞」。各馬の陣営はここを目標としながらもその先の本番を見据えた競馬をする必要があります。そのため、道中は無茶をする馬が少なくスタート後の位置取りが非常に重要になってきます。

f:id:kizuna_acchan:20190427011333p:plain

さて、今週金曜日に枠順が確定しましたね。人気どころでは、青葉賞⇒日本ダービー1本に照準を絞ってきた京成杯2着馬のランフォザローゼスが2枠3番、2戦2勝の無敗でともに上がり最速と強烈な瞬発力を示すピースワンパラデイが3枠5番、キャリア1戦で挑んだ前走毎日杯では勝ち馬と0.0秒差の2着と素質を見せつけたマカヒキの弟ウーリリが3枠6番、メジロドーベル最後の子と最高峰のレースを夢見る吉田豊騎乗ピンシェルが4枠8番に入りました。人気各馬は比較的内枠を引いた印象です。では枠順がレース展開にどのような影響を及ぼすのか、展開予想図を見ながら検証していきます。

青葉賞 概要

距離:東京 2400m

条件:GⅡ

賞金:1着賞金5400万円

出走条件:サラ系3歳(国際)(指定)

データ分析

青葉賞のコース分析、脚質別データ、枠別成績、馬場傾向、天気予報は先日の記事でご紹介しましたので、省きます。各種データのまとめとして本舞台に向くのは瞬発力に秀でた馬だとご紹介させていただきました。

☆データ分析記事はこちら

www.tenkaiyosou.com

展開予想図

スタート直後

ペース=スローペース

f:id:kizuna_acchan:20190427011549j:plain

最初のコーナーまでの距離が短く各馬ポジション争いに。ハナに立つのは前走逃げて結果を出した②リオンリオン、それを追いかける形で2番手追走は⑩アルママ。外を回らせられるのを嫌って外枠各馬も積極的に前へ、⑬マコトジュズマル、⑭バラックバリンカが3番手4番手を追走。③ランフォザローゼスと⑥ウーリリは並んで5~7番手グループ。脚を溜める各馬で中団は固まり、⑧ピンシェルや①アドマイヤスコールもこの集団。上がり勝負には自信があるものの、距離に不安が残る⑤ピースワンパラディは道中のロスを少なくするため、後方のインを追走。前半は比較的各馬のポジション争いが熾烈となるものの、向正面では流れが落ち着く展開に。

4コーナー~直線

f:id:kizuna_acchan:20190427011849j:plain道中はほとんど動きがなく、各馬府中の長い直線にかける。スローペースで逃げた②リオンリオンが前で粘り、バテた先行馬を交わしながら③ランフォザローゼスと⑥ウーリリが早めにポジションを確保。内では①アドマイヤスコールが虎視眈々と脚を溜め、中団は横一杯に広がる形に。後方にいた⑤ピースワンパラディは徐々に外に持ち出し、瞬発力に賭ける。道中スローペースからほとんど最後の直線での脚比べとなることから、やはり瞬発力が求められるレース展開となりそう。

展開予想まとめ

日本ダービーを控えていることもあり、やはり例年通りスローペースで流れそうですね。特に道中の動きも少なく、スタミナより瞬発力が問われる展開になることから距離不安がある馬でも十分に上位を狙えるのではないでしょうか。あっちゃんが注目しているのはメンバー中最も瞬発力に優れ、東京コースが抜群に合いそうなアノ馬です!

 

メンバー中最も瞬発力に優れた馬」は、

この馬⇒人気競馬ブログランキング

  

☆データ分析記事はこちら

www.tenkaiyosou.com

 

最後までご覧いただきましてありがとうございました。予想家あっちゃん(@keiba_acchan)の競馬ブログでは展開予想を中心とした予想記事を公開していますので、またご覧くださいね!(*'▽')

 

一緒に勝ち組LIFEを送りましょう~!