予想家あっちゃんの競馬ブログ

展開予想重視の競馬ブログです。誰にでもわかりやすい展開予想図を駆使して各馬の位置取りを検証します。馬柱やデータだけでは決して見えてこない騎手の思いや作戦を読み取り、「馬券で勝つため」の予想を公開しています。~POG情報も公開~

【スプリングステークス 2019】展開予想から鉄板軸馬を探せ!

f:id:kizuna_acchan:20190316235839j:plain

 

 

こんにちは!

予想家あっちゃん(@keiba_acchan)です。

 

2019年3月17日に施工される重賞競走「スプリングステークス」。皐月賞の前哨戦となる一戦で上位3頭に優先出走権が与えられます。このことから展開予想をしていく上で、賞金加算を狙いに行く馬と出走権を狙いに馬をしっかり見極める必要があります。では今回も鉄板軸馬を探していきたいと思います。

 

スプリングステークス概要

距離:中山芝1800m

格付け:GII

賞金:1着賞金5400万円

出走条件:サラ系3歳牡馬・牝馬(国際)(指定)

負担重量: 馬齢(牡56kg、牝54kg)

コース形態

スタートから1コーナーまでは205mとかなり短い。スタート直後に坂があるがポジション争いは激しくなるコース。コーナー4つを回ることからいかにすんなり好ポジションを取れるかが鍵。小回りコースのため、うちの先行馬がかなり有利。ただしGⅡともなればロスなく運んだ差し馬が強力で、坂で一気に差し切る場面も。

 

すんなり好位置をキープできる内目の馬かロスなく運ぶ強力な差し馬

脚質別データ

f:id:kizuna_acchan:20190316112531j:plain


過去のデータからも先行・逃げ馬が圧倒的に有利。逃げは勝率・回収率ともに良い数字が出てしまう傾向にあるが、このコースでは先行馬の勝率が逃げ馬を上回っており、回収率も同率。直線が短いものの最後の坂越えでスタミナを奪われることから先行馬が良績であることがうかがえる。

 

内で脚を溜める先行馬が狙い目

枠別成績

f:id:kizuna_acchan:20190317001615j:plain

 

枠順のデータからは内外そこまで有利不利はない。1枠は激しい先行争いに巻き込まれることから勝率・回収率ともに低い、軽視すべきである。

 

枠の有利不利はない、1枠のみ軽視

 

騎手や枠順を考慮した展開予想

上記データから内目を上手く立ち回れる馬とスムーズに運べる強力な差し馬を【鉄板軸馬】に推奨します。

 

それでは、過去のデータだけでなく騎手の思考や枠順、優先出走権への各陣営の考えを考慮した展開予想を行っていきます。「内目を上手く立ち回れる馬」「スムーズに運べる強力な差し馬」を取り上げました。

 

②クリノガウディー

(前走4番手)藤岡祐騎手

GⅠで好走した前走のイメージで乗ることは間違いない。内目の好位置をキープして4コーナーで抜け出すのが理想。賞金的にもNHKマイルカップのボーダーを達成したい陣営の思いがあるため、積極的に2着以内を狙う⇒内4,5番手(2着内狙い)

 

⑧ヒシイグアス

(前走1番手)ミナリク騎手

近2走は押し出されて逃げる競馬に、今回は逃げ馬を行かせて2番手グループが濃厚。4コーナーで先頭に立ち押し切る競馬をイメージして乗る可能性が高く、先行争いの激しさが鍵に。また厩舎や血統からもダービーを大目標としており、賞金加算を狙う⇒中2~4番手(2着内狙い)

 

⑫タガノディアマンテ

(前走8番手)田辺騎手

前走、3走前の好走から控える可能性が高い。内外・先団グループを見ながら進めることができる絶好枠でレースが流れるとチャンス大。また皐月賞ボーダーにぎりぎり届いていないことから何が何でも権利取りを狙う⇒中外10~13番手(3着内狙い)

 

⑬シークレットラン

(前走4,5番手)内田騎手

内田騎手は人気を裏切った前走の敗因をかなり分析していると予想。前走の敗因として考えられるのが「前々走と比べ前目の位置取りになったこと」「外から被されたこと」であることから、前々走と同じように後方から大外を回す可能性が高い。⇒外12~15番手(3着狙い?)

 

【消し馬】

①ファンタジスト

(前走6番手)武豊騎手

距離に不安があるため、ロスなく内目を立ち回りたい馬。賞金が足りており、本番を見据えることから武豊騎手なら大事に乗る可能性が高い。そのため外の先行馬に来られ前半から揉まれる可能性も⇒内3~5番手(1枠が仇)

 

④ニシノカツナリ

(前走10~11番手)勝浦騎手

前走差し切り勝ちを収めたことからも差し競馬に徹する。内枠を引いたことにより、馬群を捌くか外に持ち出すかの選択肢を取るしかない。揉まれることを嫌って無理に出していくか、内で我慢して末脚勝負にかけるか騎手の心理的に非常に難しい馬⇒内中9~12番手 消し馬(乗り難しい)

 

⑥コスモカレンドゥラ

(前走1番手)丹内騎手

馬主、騎手、前走など様々な条件から逃げるのはこの馬で間違いない。後日他記事で配信予定だが、逃げるのが確実な馬はヒモ候補として馬券が売れやすく回収率を下げる要因になる⇒内1番手 消し馬(見え見えの逃げ馬)

 

⑮ロジャーバローズ

安定して先行するタイプ。外枠を引いたことで先団を目指しながら、あまり外を回りすぎないようなポジションを探す必要がある。皐月ダービーへの出走のためにも2着以内を狙って競馬をするが、他の馬の位置取りによってリズムを狂わされる可能性が高い⇒外4~7番手 消し馬(乗り難しい)

 

鉄板軸馬はこの馬!

 

◎⑧ヒシイグアス⇒複勝・ワイドの軸

○②クリノガウディー⇒単勝・馬連で一発有

強力差し馬:⑫タガノディアマンテ ⑬シークレットラン 

 

好枠から前目の位置でレースを進めることができ、賞金面からも2着以内を狙う⑧ヒシイグアスを【鉄板軸馬】として推奨します。②クリノガウディーは内目の好位置でのレース運びができれば。控えて好走した過去のレースをイメージして乗るであろう⑫タガノディアマンテと⑬シークレットランはじっくり脚を溜める。先行集団がバテた時に坂超えで一気に差し切る可能性。

 

最後に、予想家あっちゃんの競馬ブログでは目標回収率101%に設定して"長く競馬を楽しむ"をコンセプトに予想を展開しています。したがって払戻率が高く初心者や資金が少ない方でも買いやすい単勝・複勝・馬連・ワイドが馬券の中心です。

 

keiba-acchan.hatenablog.com

 

 

それでは今週も競馬を楽しみましょう~!