予想家あっちゃんの競馬ブログ

展開予想重視の競馬ブログです。誰にでもわかりやすい展開予想図を駆使して各馬の位置取りを検証します。馬柱やデータだけでは決して見えてこない騎手の思いや作戦を読み取り、「馬券で勝つため」の予想を公開しています。~POG情報も公開~

競馬で回収率120%達成は可能?

 

 

こんにちは!

予想家あっちゃんです。

 

さて皆さんはこんな宣伝文句をよく目にすることはないでしょうか。「絶対儲かる!」「回収率120%越え!」「馬券だけで生活!」おそらくネットで競馬情報や予想情報なんかを探すと必ず目にしますよね。

そんなうまい話はないと思いつつも"儲かる"というキーワードに思わず目が留まってしまうのが人間です。

 

では、実際に回収率120%がどのくらいすごいことなのか、また実現は可能なのかについて検証していきたいと思います!

  

回収率とは?

まずは競馬を始めたばかりの方に「回収率とはなにか」から解説したいと思います。競馬を長く楽しむには必ず大事な指標になりますので、絶対に覚えておいてください。

 

【計算式】

配当÷投資金額×100

=回収率(%)

上記式のように回収率は%で表します。簡単に言うと、自分がいくら賭けてどれぐらい返ってきたかを示す指標になります。

 

【例題】

1.2倍の複勝に200円を賭けて的中

200円が240円に増えて返ってきた場合。

(配当)240円÷(投資)200円×100=120%

となるわけです。

 

え?回収率120%って簡単じゃん!

と思ったあなた!まだ結論を出すには早いです。

 

回収率101%以上=利益が出ている状態

回収率100%=損も得もしていない

回収率99%以下=損失が出ている状態

 

もちろんこの指標は高ければ高いほど馬券力が優れている証拠であり、「競馬で儲ける」には回収率100%以上を達成する必要があるとわかります。

 

馬券回収率の平均は?

前項で回収率は100%を超えていれば利益が出ている状態であることがわかりました。では、馬券購入者の平均回収率はどれくらいなのでしょうか。

 

答え・・・約75%

 

この数字を見てどのように感じられるでしょうか。もちろん競馬は胴元(JRAや各地方自治体)がいますので、全員が回収率100%を超えるという状況は絶対にありません。(下で詳しく解説します)

 

【回収率75%の例】

A.1000万円投資して750万円の配当があった。

B.100円投資して75円の配当があった。

 

Aは250万円の損失、Bは25円の損失ですが、実はどちらも同じ回収率なんですね。

回収率に金額は関係がないということが言えます。

 

払戻率と回収率の関係

先ほど馬券購入者の平均回収率は75%であるとお伝えしましたが、この数字は適当に言っているわけではなく、ある指標が基となり簡単に算出することができます。それが「払戻率」という胴元(JRAや各地方自治体)が定める指標です。

 

払戻率とは?

払戻率とは簡単に言うと馬券購入額のうち、何%を配当に充てるかということです。

 

【売上1億円 払戻率80%の場合】

(馬券売上)1億円=(配当)8000万円+(胴元)2000万円

すなわち、私たち(胴元)が20%もらうので残りの80%は馬券が当たった人で分けてねということです。これがオッズというものに反映され、たくさん人気の集めた馬が勝った場合は一人当たりの配当が低く、その逆は配当が大きくなります。したがって本命が来ようが大穴が来ようが胴元の儲けは変わりません。

 

JRAの払い戻し率は?

 

JRAでは現在、上記の払戻率が設定されています。

単勝や複勝の払戻率は80%ですが、配当が大きく人気がある3連系などは配当が低く設定されています。このことから馬券購入者の平均回収率は約75%に収束するということですね!

 

自分の回収率を計算してみて80%を超えていれば、普通の人よりかは馬券が上手だと言えます。

 

回収率120%を達成するには?

ここまで回収率120%を達成することは可能かを検証するために様々な数値を用いましたが、大前提として回収率は集計期間によって大きなバラツキが出ます。

1レース毎を集計期間とした場合、回収率120%を達成することはそれほど難しいことではありません。先ほど回収率の計算式で例に出したように複勝1.2倍を1回当てるだけで簡単に達成できます。

では集計期間を10000レースにした場合、1.2倍の複勝を10000レース連続的中させることが可能でしょうか?おそらく神でもない限り達成できませんよね。

 

では本日の表題に戻りましょう。

回収率を120%を達成する方法

皆無に等しい

今流行りのAIなどを用いて期待値の高い馬券のみを狙うプログラムを自作できれば可能かもしれませんが、まずそんなプログラムが導いた結果を公開する良心的な人はいません。競馬は他の人が賭けていない組み合わせだからこそ儲かる仕組みです。回収率120%を持続させている人が情報公開するメリットも皆無に等しいというわけです。

最適な目標回収率は?

様々な検証を経て、回収率120%は現実的に実現が難しいということがわかりました。では、このまま他の馬券購入者と同じく回収率75%で負け続けてよいでしょうか。やはり馬券を買う以上は勝ちたいですよね!

 

私、予想家あっちゃんのブログでは目標回収率を101%に設定して長く競馬・馬券を楽しんでもらえるような予想を展開しています。高望みしすぎることはかえって結果が悪くなるということを覚えておいてください。

 

先ほど回収率に金額は関係ないと書きましたが、回収率がたとえ101%であったとしても投資金額が1億円であれば100万円の利益が期待できます。そして何より大切なのがお金を使わず競馬を楽しめるということです。

 

毎週の重賞レース、クラシックにつながる3歳限定レースを中心に「展開予想を基本とした鉄板軸馬」を配信していますので、私のコンセプトに共感いただいた方はぜひ予想記事もご覧ください!

 

まとめ

・回収率を上げることは大切

・馬券購入者の平均回収率は75%

・回収率120%は現実的に難しい

・おすすめは目標回収率101%!

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

それではいっしょに楽しい競馬ライフを満喫しましょう!