予想家あっちゃんの競馬ブログ

展開予想重視の競馬ブログです。誰にでもわかりやすい展開予想図を駆使して各馬の位置取りを検証します。馬柱やデータだけでは決して見えてこない騎手の思いや作戦を読み取り、「馬券で勝つため」の予想を公開しています。~POG情報も公開~

【POG2019-2020】有力厩舎ランキングまとめ

f:id:kizuna_acchan:20190509201720j:plain

 

 

POG2019-2020シーズンの有力厩舎ランキングをまとめてみました。

POG指名馬を選ぶ際、厩舎は非常に重要な要素となります。馬主・牧場の期待度、レースの使い方、クラシックへの意識など特に期間が定められているPOGでは大きな影響を及ぼします。しっかり厩舎の特徴を分析した上で指名馬を選ぶことをお勧めします!

では、2018-2019シーズンの成績(NHKマイルカップ終了時点)を振り返りながら有力厩舎をランキング形式で見ていきましょう!

☆POG本おすすめランキングはこちら 

www.tenkaiyosou.com

1位.友道康夫

所属:栗東

【2016年産・重賞成績】

重賞勝利数:GⅠ2勝、GⅡ1勝、GⅢ0勝

阪神JF出走:3頭

朝日FS出走:1頭

ホープS出走:0頭

桜花賞出走:1頭

皐月賞出走:1頭

NHKM出走:1頭

代表活躍馬:アドマイヤマーズ(NHKMC1着、朝日杯FS1着)

【2017年産・有力入厩馬】

ジンジャーパンチの17ライフフォーセールの17アパパネの17ファイナルスコアの17イルーシヴウェーヴの17ヴィルシーナの17スペシャルグルーヴの17など

2位.藤沢和雄

所属:美浦

【2016年産・重賞成績】

重賞勝利数:GⅠ1勝、GⅡ0勝、GⅢ3勝

阪神JF出走:1頭

朝日FS出走:1頭

ホープS出走:0頭

桜花賞出走:2頭

皐月賞出走:0頭

NHKM出走:1頭

代表活躍馬:グランアレグリア(桜花賞1着)

【2017年産・有力入厩馬】

ラドラーダの17ステファニーズキトゥンの17アイムユアーズの17ヒルダズパッション17キトゥンガカブードルの17クラウンアスリートの17ピラミマの17など

3位.中内田充正

所属:栗東

【2016年産・重賞成績】

重賞勝利数:GⅠ1勝、GⅡ1勝、GⅢ1勝

阪神JF出走:1頭

朝日FS出走:0頭

ホープS出走:0頭

桜花賞出走:1頭

皐月賞出走:1頭

NHKM出走:0頭

代表活躍馬:ダノンファンタジー(阪神JF1着)

【2017年産・有力入厩馬】

キングスローズの17アゼリの17トゥザレジェンドの17スターアイルの17ヴァリディオルの17メテオーリカの17スピニングワイルドキャットの17レディアルバローザの17など

4位.池江泰寿

所属:栗東

【2016年産・重賞成績】

重賞勝利数:GⅠ0勝、GⅡ0勝、GⅢ2勝

阪神JF出走:0頭

朝日FS出走:0頭

ホープS出走:0頭

桜花賞出走:0頭

皐月賞出走:2頭

NHKM出走:1頭

代表活躍馬:ダノンチェイサー(きさらぎ賞1着)

【2017年産・有力入厩馬】

マンデラの17コンドコマンドの17トーセンソレイユの17ドナブリーニの17スカイディーバの17ラナンキュラスの17シーイズトウショウの17ドバイマジェスティの17など

5位.須貝尚介

所属:栗東

【2016年産・重賞成績】

重賞勝利数:GⅠ0勝、GⅡ0勝、GⅢ0勝

阪神JF出走:0頭

朝日FS出走:0頭

ホープS出走:1頭

桜花賞出走:0頭

皐月賞出走:1頭

NHKM出走:0頭

代表活躍馬:アドマイヤジャスタ(ホープフルS2着)

【2017年産・有力入厩馬】

マイジェンの17プチノワールの17シーザリオの17ショアーの17シュガーショックの17レティセントガールの17プラウドスペルの17テスティコの17サーキットレディの17など

番外・角居勝彦

所属:栗東

本来であればランキング上位に入るほどの厩舎ですが、飲酒問題により所属馬が中竹厩舎へ変更になったりと2016年産の成績を算出しづらかったため、番外としました。

代表活躍馬:サートゥルナーリア(皐月賞1着、ホープフルS1着)

【2017年産・有力入厩馬】

ラキシスの17、カンビーナの17レッドオーヴァルの17など2021年に引退を表明しているため、入厩予定馬は少なめ。

まとめ

2018-2019シーズンを振り返ると上位3厩舎(友道、藤沢、中内田)の活躍が非常に目立つ結果となりました。また本シーズンだけ調子が良いのではなく、近年は毎年のようにクラシックへ出走馬を送り込んでいることからも信頼度はかなり高いと言えそうですね。2019-2020のドラフトでもこの3厩舎はかなり人気を集めそうです!

上位5厩舎を見ると藤沢厩舎以外はすべて栗東所属という結果から、やはり今年も西高東低と見て良さそうです。また2018-2019シーズンの特徴は何といっても早期デビューの馬が活躍したということではないでしょうか。新馬開幕1週目デビューのグランアレグリアとダノンファンタジー、2週目のサートゥルナーリア、7月のアドマイヤマーズなどGⅠ勝利馬はすべて7月以前にデビューしていた馬でしたね。次シーズンでは、早期デビューが多い厩舎を狙うのも手!

 

3月上旬に入厩し、調教師が「500キロ以上の馬格があるし、スケールの大きさを感じる。いい馬なのは間違いない」と話す今一番評判になっている2歳馬は、ランキングにて公開しています。

この馬⇒人気競馬ブログランキング

 

☆POG本おすすめランキングはこちら 

www.tenkaiyosou.com

 

最後までご覧いただきましてありがとうございました。予想家あっちゃん(@keiba_acchan)の競馬ブログでは展開予想を中心とした予想記事を公開していますので、またご覧くださいね!(*'▽')

 

一緒に勝ち組LIFEを送りましょう~!